前へ
次へ

喪服はいつ着るものであるのか

喪服は通夜も葬儀も今は着るものとして一般的なものになっているのですが、昔はそうではなく通夜は遺族や親族だけで行うということが一般的でしたので、喪服を着用するという必要性はなかったのです。
しかし、今では通夜と告別式化しているような状態ですから、着ることが多くなっています。
普通に喪服を着て行って問題はないということになっています。
洋装と和装があるのですが、これは状況によってどちらかにしなければならないというわけではないです。
さすがにキリスト教式などであれば洋装のほうがよいという程度のことはありますが、仏式であれ、神道式であれ、特にどちらでも問題なく利用することができるようになっています。
但し、さすがに和服の場合、どうしても着付けが必要になります。
普段からやっている人であれば問題はないでしょうが、最近では自分で着るのがなかなかできないという人も増えています。
しかし、葬祭業者にお願いして控え室などで着付けを依頼することは可能でしょう。

Page Top