前へ
次へ

葬式における喪服の着用義務

冠婚葬祭ではその内容に適した服装を着用するのがマナーですが、行う期日があらかじめ決められている結婚式と異なり、葬式はいつ起きるのかわからなくなっていて、喪服を用意できない場合もあるでしょう。
特に葬式はすぐに行うことが通例であり、それほど日数を伸ばすことができなくなっています。
それでも社会的な立場や人間関係での繋がりなどから、どうしても参加しなければならない場合には、どのような手段を使っても適した服を用意しなければいけません。
ただし、この服装に関してはある程度の許容範囲があるので、その決まりを知ることで適切な対処をすることができます。
喪服を必ず着用しなければいけないのは喪主と、故人ととても近い存在にあった親族です。
一般客として参加する場合には、黒や紺色で統一された正装であれば、ある程度は認められています。
これは学生であれば成人していても学生服であっても了承されていることもあり、スーツでの参加も認められています。
ただし、あまりにカジュアルなものは他の参加者に嫌悪感を生じるので、質素であることが基本です。

Page Top