前へ
次へ

保存するのが大変な喪服

普段着であれば、普段から着用していますので、定期的に洗濯するでしょうし、定期的に干します。
常に使っているものの方が、たまにしか使わないものよりも保存は簡単です。
喪服に限って考えてみると、これはお葬式の時ぐらいしか着るタイミングがありません。
ですから、人によっては、一年に一度着るか着ないかでしょう。
喪服は持っているけれど、もっと長い間着ることのない人もいるでしょう。
そんな喪服ですから、保存をきちんと行っておかないと、結果的に一度しか着ていないのに虫に食われてしまったということになってしまいます。
そうならないためには、使った後の保存には十分注意が必要です。
これを怠ってしまうと、虫に食われて次に着る時に恥ずかしくて着ることもできずに、また新しいものを購入することになります。
購入しなかったとしても、レンタル業者から借りないといけなくなります。
最低限必要な防虫剤は喪服をしまうタンスには入れておきましょう。

Page Top