前へ
次へ

喪服着用のことはきちんと把握しておきたいもの

葬儀、告別式はもちろんのこと、今現在はお通夜に参列する際にも、喪服を着用することが一般的になっているようです。
では男女共に、黒色のビジネススーツで参列してはいけないのでしょうか。
絶対にいけないとは言えないようですが、やはりルールを守る必要があるとのことです。
喪服は、ビジネススーツとは生地が異なっていて、光沢が出ないように仕上げられた、より黒色なもので、やはりビジネススーツとは違うものになるようです。
女性の方々の黒色のワンピースやアンサンブルも同様になるようですから、こちらも気を付けておきたいところです。
そして、スーツや着物と種類が様々にあり、礼装の一つになりますため、場面や着用する方の立場によって着用するものが違って来るそうです。
上から順番に、正、準、略と三つに分かれています。
一番格式が高い正は、和装やモーニング、女性ですと和装、ブラックフォーマルを着用します。
準ですと、ブラックスーツ、女性はブラックフォーマルを着用することになるようです。
取り急ぎ駆け付けた場合などの略でも、男性はダークスーツを、女性は地味なワンピースを着用することが定められているようです。
いざと言う時のために、喪服着用のことは、きちんと把握しておきたいですね。

Page Top